スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間

    0
      JUGEMテーマ:ロード・オブ・ザ・リング
      旅の仲間/The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring/LR/FR




      ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間
      The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring(2001)監督:ピーター・ジャクソン




      監督:ピーター・ジャクソン「ホビット シリーズ」/「ラブリー・ボーン」/「ブレインデッド」
      脚本:フラン・ウォルシュ「〃」
      フィリパ・ボウエン「〃」
      ピーター・ジャクソン「〃」
      原作:J・R・R・トールキン「指輪物語」/「ホビットの冒険」
      製作:ピーター・ジャクソン
      バリー・M・オズボーン「マトリックス」/「チャイルド・プレイ」
      ティム・サンダース「クジラの島の少女(2003)」/「ミルクのお値段(2002)」
      フラン・ウォルシュ
      製作総指揮:マーク・オーデスキー「ライラの冒険 黄金の羅針盤」/「インクハート/魔法の声」/「テキサス・チェーンソー ビギニング」
      ボブ・ワインスタイン「イングロリアス・バスターズ」/「ギャング・オブ・ニューヨーク」/「シカゴ」
      ハーヴェイ・ワインスタイン「〃」
      マイケル・リン「エルム街の悪夢(2010)」/「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
      音楽:ハワード・ショア「羊たちの沈黙」/「パニックルーム」
      主題歌:エンヤ「メイ・イット・ビー」
      撮影:アンドリュー・レスニー「猿の惑星:創世記」/「エア・ベンダー」/「ベイブ シリーズ」
      編集:ジョン・ギルバート「バンク・ジョブ」/「テラビシアにかける橋」



      出演者(役名)[声優]

      旅の仲間たち
      イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)[浪川大輔]
      ショーン・アスティン(サム:サムワイズ・ギャムジー)[谷田真吾]
      ビリー・ボイド(ピピン:ペレグリン・トゥック)[飯泉征貴]
      ドミニク・モナハン(メリー:メリアドク・ブランディバック)[村治学]
      イアン・マッケラン(灰色のガンダルフ)[有川博]
      ヴィゴ・モーテンセン(ストライダー/アラゴルン:アラソルンの息子)[大塚芳忠]
      ジョン・リス=デイヴィス(グローインの息子ギムリ)[内海賢二]
      オーランド・ブルーム(緑葉のレゴラス)[平川大輔]
      ショーン・ビーン(デネソールの息子ボロミア)[小山力也]

      魔法使い&エルフ
      クリストファー・リー(白のサルマン)[家弓家正]
      ケイト・ブランシェット(ガラドリエル)[塩田朋子]
      ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド)[菅生隆之]
      リヴ・タイラー(夕星アルウェン)[坪井木の実]
      マートン・チョーカシュ(ケレボルン)[家中宏]
      クレイグ・パーカー(ハルディア)[安井邦彦]

      その他のホビット庄周辺の人たち
      アンディ・サーキス(ゴラム)[長島雄一]
      イアン・ホルム(ビルボ・バギンズ)[山野史人]
      ピーター・コリンガム(オソ・サックヴィル=バギンズ)
      エリザベス・ムーディ(ロベリア・サックヴィル=バギンズ)[水原リン]
      デビッド・ウィーザリー(”踊る子馬亭”の主人:バーリマン・バタバー)[緒方賢一]
      マーティン・サンダーソン(ブリー村の門番)[益富信孝]
      キャメロン・ローズ(お百姓のマゴット)[斎藤志郎]

      闇の勢力
      ローレンス・マコーレ(ラーツ)[平尾仁]
      サラ・ベイカー(サウロン)

      ピーター・ジャクソンのカメオ出演:
      フロドたちがブリー村の門を抜けたあと、ニンジンを持って立っている(んだそうです)





      出演者(役名)
      「出演作品(役名)」

      イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)
      「パラサイト」
      「パリ、ジュテーム」
      「ホビット シリーズ」

      ショーン・アスティン(サム/サムワイズ・ギャムジー)
      「もしも昨日が選べたら」
      「50回目のファーストキス」

      ビリー・ボイド(ピピン/ペレグリン・トゥック)
      「ロスト・ストーリー 現代の奇妙な物語」

      ドミニク・モナハン(メリー/メリアドク・ブランディバック)
      「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」

      イアン・マッケラン(魔法使いガンダルフ)
      「ダヴィンチ・コード」
      「X-MEN シリーズ」

      ヴィゴ・モーテンセン(アラソルンの息子アラゴルン)
      「危険なメソッド(フロイト)」
      「刑事ジョン・ブック 目撃者」
      「28DAYS」

      ジョン・リス=デイヴィス(グローインの息子ギムリ)
      「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」

      オーランド・ブルーム(緑葉のレゴラス)
      「パイレーツ・オブ・カリビアン シリーズ」
      「ニューヨーク、アイラブユー」
      「グッド・ドクター 禁断のカルテ」

      ショーン・ビーン(デネソールの息子ボロミア)
      「フライトプラン」「サウンド・オブ・サイレンス」

      ケイト・ブランシェット(ガラドリエル)
      「アビエイター」
      「あるスキャンダルの覚え書き」
      「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

      クリストファー・リー(白のサルマン)
      「スリーピー・ホロウ」
      「チャーリーとチョコレート工場」
      「ダークシャドウ」

      ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド)
      「マトリックス」
      「Vフォー・ヴェンデッタ」
      「プリシラ」

      リヴ・タイラー(夕星アルウェン)
      「アルマゲドン」
      「エンパイア・レコード」
      「再会の街で」

      イアン・ホルム(ビルボ・バギンズ)
      「フロム・ヘル」
      「フランケンシュタイン」
      「デイ・アフター・トゥモロー」

      マートン・チョーカシュ(ケレボルン)
      「ボーン・スプレマシー」

      クレイグ・パーカー(ハルディア)
      「インク・ハート/魔法の声」
      「猿の惑星:創世記」


      ホビット 思いがけない冒険 感想後編

      0
         JUGEMテーマ:ロード・オブ・ザ・リング

        *誤字脱字はいつものこと*
        (この注意書きは特に長文の記事につけてます)


        ホビット 思いがけない冒険
        The Hobbit: An Unexpected Journey(2012)





         吹替版も見に行こう。と意気込んでいたが、結局ほかの映画をみているうちに金欠気味になってきたので、やめてしまった。



         ということで、ネタバレ(後半)

        ホビット 思いがけない冒険 感想前編

        0
           JUGEMテーマ:ロード・オブ・ザ・リング

          *誤字脱字はいつものこと*
          (この注意書きは特に長文の記事につけてます)


          ホビット 思いがけない冒険
          The Hobbit: An Unexpected Journey(2012)






           まずは、字幕版見てきました。

           これから映画を見に行く人のために、忠告です。
           3時間10分あります。腰(腰痛的な)とか、腹(空腹的な)とか、腸(トイレ的な)とかは万全の状態で挑んでください。

           万が一、耐えられなくなったら、(微妙にネタバレだけど)途中に「裂け谷」に寄るシーンで、ドワーフがエルフに敵意剥き出しだったり、食事を始めたりするシーンがあって、だいたい予想はつくのでね。(ごめんなさいmm)

           このへんで休憩に行くのがいいかと。
           (予告でもあるので書きますが)ガンダルフとかガラドリエルとか登場してくるシーンが始まるので、ささっと。
           個人的にはガラドリエルが見たいのですが、そうでもない方はもう少し余裕があるやも。



           とはいえ、こんなに長いのに、全く気が散らない。
           始終、上がったり下がったり、右に左に。息つく暇なんてありません。
           ほかの作品では、時々、「あー。まだ半分か」とか「うわ、腰いてー、膝いてー」と時計を見ることもあったりするんですが、そんな隙は全くない。
           次から次へと厄介な問題が降ったり、飛んで来たり、床が抜けたり(笑)する。

           始終、鳥肌たってました。(きもい)
           具体的には、
          ■しばらく見ない間に声低くなったね、の、フロドに、
          ■ドワーフたちの所々の歌声に、
          ■抜刀シーン諸々(笑)
          ■「忠誠心、誇り、信念、ドワーフたちはすべて持っている――」
          ■裂け谷の会議
          ■キモいゴラム(すでにアンディー・サーキスは楽しんでるだろう)
          ■キモいゴブリンの首領
          ■前作でおなじみ大鷲の戦闘シーン

           そして、なんといっても、トーリンの無駄な渋さに、トリハダ。
           3部作で、一番重要な彼の存在。彼を好きにならないと、映画自体面白くない。じゃあ、みんなに好きになってもらおう。
           って、完全に成功しているピーター・ジャクソンと、ギレルモ・デル・トロ。
           ゴラムが前作よりもキモイのはギレルモ監督のおかげ、そして、ゴブリンの下りは完全にギレルモ監督の私用だろう。予算がこんなにあるなら、好きなことに使うぜwなんて。この監督が気になった方は、クロノスとか、ヘルボーイばかり見てないで、パンズ・ラビリンスを見ることを推奨。(ゴブリンの首領が持ってるヤギの頭の杖なんて、パンの骸骨でしょうw)



          というわけで、



           マジか、そんな面白い映画なら見に行くぜ!と一瞬でも思った方は、見に行くべきです。「クソ、見逃した…」というかたは、続きのネタバレ読んでみてくださいw

           それでも悩んでる…という方は、公式サイトの予告か、以下のブログの映画レビューなどなど読んでみてくださいw



          キーワード:ホビット 思いがけない冒険、ホビット、ビルボ、フロド、ゴラム、トーリン、ドワーフ、ラダガスト、ピーター・ジャクソン、ギレルモ・デル・トロ、ロード・オブ・ザ・リング


          ↓ネタバレ↓

          ホビット(上)読み始めたので

          0
             JUGEMテーマ:ロード・オブ・ザ・リング



            ホビットの冒険
            読み始めました。

            というわけで、いつかコアなクイズとかに使えるかもしれない、ストーリーを書いていこうかと。
            更新するために、読まなきゃいけないって、火が付くわけでもないんだけれども。



            読み始め。
            ロード・オブ・ザ・リングよろしく、彼らの世界を観察・研究しましたよ。
            というスタンス。
            なので、まず彼らの生態とか、文字とかを人間を小ばかにした言葉を含めてつらつらと。

            基本的に、厄介な魔法使い、エルフの皆みな様、ドワーフ御一行、気のいいホビットたち、オーク風情、人間ども(左から右に下等)といった風に書いてあるんです。
            こういう、主観ともいい切れない感じが好きです。



            まずは。ビルボの周りのホビットたち。

            そして、ガンダルフと再開したビルボとの云々。

            ガンダルフの計らい(いや違う。例によって無理矢理)で、水曜日にドワーフとのお茶会が行われることに。

            強引なガンダルフはビルボに家を追い出されるが、帰り際、杖の先で扉に奇妙なしるしをつける。



            ーーー水曜日のとんでもないお茶会ーーー
            ドワーフたちの観察/(フードの色)/その他

            最初に来たのは・・・
            1.ドワリン(深緑)青いひげに金のベルト/バリンの弟

            ドワリンを部屋に招いているうちに、呼び鈴が鳴る・・・
            2.バリン(赤)白いひげ/ドワリンの兄

            バリンがビルボが出した紅茶を断りビールとシードケーキを頼んだとき・・・
            きっとガンダルフだと思ったビルボだが・・・
            3.キリ(青)黄色いひげ
            4.フィリ(青)

            ぞろぞろと入ってきたドワーフの接待をしてると4人分のノックが・・・
            あたふたしているうちに、さらにもう1人来たようだ・・・
            5.ドリ(紫)
            6.ノリ(紫)
            7.オリ(灰色)
            8.オイン(こげ茶)
            9.グロイン(白)
            彼らは、エール酒、黒ビールと珈琲そして、ケーキを頼んだ。

            大事にしてる扉が壊れそうなほどのノックを聞きつけたビルボがすっとんでいくと・・・
            10.ビファー(黄色)
            11.ボファー(黄色)
            12.ボンバー(浅緑)/ぶくぶくと太った…
            13.トリン・オウクンシルド(空色:長い銀色の房つきフード)

            そして、今度こそガンダルフが現れた。
            ノックをしていたのもガンダルフで、そのノックのせいで杖で付けたしるしは消えた。
            ちなみに、ビルボの家の扉の色は、美しい緑だそう。



            食事も終わり、ドワーフたちは音楽を奏で始めた。
            トリンが楽器を出せというと・・・

            キリ・フィリ:荷袋から小さなヴァイオリンを
            ドリ・ノリ・オリ:上着の中からフルートを
            ボンバー:ドラムを玄関ホールから
            ビファー・ボファー:杖のところに置いてあったクラリネットを抱えて
            ドワリン・バリン:玄関のポーチから自分の体ほどのヴィオル(六弦琴)/一緒に緑の布に包んだトリンの金色のたて琴も持ってくる
            (オインとグロインのは書いてないが、歌っただけなのかな。と)





            という具合に歌い始めたあたりで、電車が最寄駅に着いたので、つづきはまた今度。

            キーワード:ホビット/ドワーフ/お茶会/水曜日/フードの色/楽器


            | 1/1PAGES |