スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    永遠の僕たち

    0
      RESTLESS (2011年) 監督:ガス・ヴァン・サント
      -->ウィキペディア


      Wikipedia



      ヘンリー・ホッパー(イーノック・ブレイ)[前野智昭]
      ミア・ワシコウシカ(アナベル・コットン)[坂本真綾]
      加瀬亮(ヒロシ・タカハシ:ゴースト)[佐藤せつじ]

       他人の葬式に参列することが趣味のイーノックは、その葬式でアナベルと出会う。彼にはヒロシという幽霊が取りついていて、彼にとっての友人である。ヒロシは神風特攻隊として戦死した日本人。
       死というテーマを、淡々と描いていく。

       DVDには、数分の無声映画バージョンが収録されているそうです。必見です^^



      関連作品

      ■ガス・ヴァン・サント:
      パラノイド・パーク
      エレファント
      ラスト・デイズ

      ■ミア・ワシコウシカ:
      アリス・イン・ワンダーランド(アリス)
      アルバート・ノッブス(ヘレン・ドーズ:ホテルのメイド)

      ■加瀬亮:
      アンテナ(主演)
      それでもボクはやってない(主演:痴漢で訴えられた男)
      インスタント沼(ガス:パンク青年)


      主人公のイーノックが数分間だけあの世に行っていた。というキーワードから、自殺未遂で1分間だけあの世に行ってやさぐれてしまった主人公が登場する、「コンスタンティン」もおすすめ。


      ( 62 / 300 )
       最近BSばかり見ていたので、そろそろDVDでも・・・と探していたら、新作のところにあったので、即借りてしまいました。いつもは新作は借りないのですがw新作で借りたのは「ぼくのエリ」以来です。



       冒頭で、”kase ryo”という文字が画面に表示されただけで、嬉しくなりました(土下座mm)

       ふと思ったのですが、ガス・ヴァン・サントは声フェチ?と。
       なぜって、ヘンリー・ホッパーと加瀬亮の声が時々どっちかわからなくなるくらい似てると感じたので。ああいう声が好きなのかな?と思っただけですw

       個人的に、あくまで個人的に、イーノックの吹き替えの声も好きだなあと思いましt・・

       というか、ガス・ヴァン・サントの配役が好きです。ゆるい容姿というか、古臭い子どもというか。
       なんだかヘンリー・ホッパーてギャスパー・ウリエルに似てる気がします。色白なところと、目つきと口が。
       ヘンリー・ホッパー。これからもっとたくさん演じてほしいです(見たいだけw)



       事故現場みたいに、人の形をチョークで線を引くっていう、露骨な感じのユーモアがあるところが、この監督の映画の好きなところです。原爆のシーンが挿入されていて、突然現実に引き戻されますが、再びポンと世界観に引き込まれてしまうので、宙を漂いながら映画を見ている感じが、なんだかいい気分です。

       「日米関係はクールだ」っていうイーノックの話を聞いて、少々動揺する加瀬亮の表情にほわっとなりましたv他にもいろいろと素敵な(可愛い)演技をしていたります。
       エンドロールが終わって、なんだかむなしかったので、吹き替えでもう一度見てしまいましたw加瀬亮の日本語の吹き替えが佐藤せつじさんで、余計に不思議な世界に引き込まれてしまいました。
       ガス・ヴァン・サントの映画を見ると、いつもテーマパークに行ったような気分になります。

       その不思議な世界観ですが、音楽の使い方がいいんだと思います。音楽の使い方が良い監督はもっといるとは思いますが、それしか知らないのでw知っている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください!


       
      (予定)
      アッバス・キアロスタミ監督の作品を・・・



      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.29 Sunday
        • -
        • 10:57
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする