スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    実写ホリック 第2話「対価」

    0
       JUGEMテーマ:自分の好きな俳優




      XXXHOLiC実写ドラマ
      第2話「対価」



      スタッフは第1話の記事をご覧ください
      アクションコーディネーター→なし以外1話と同じ。

      俳優(役名)
      杏(壱原侑子)
      染谷将太(四月一日君尋)
      東出昌大(百目鬼静)
      宮崎香蓮(九軒ひまわり)
      川島鈴遥(マル)
      畠山紬(モロ)

      木村了(津田正仁:猿の手を手に入れた教師)

      警官(日向丈)
      刑事(なかみつせいじ)
      刑事(松林慎司)
      松本凌(アヤカシ)

      実写ホリック 俳優の出演作品はこちら



       侑子さんのお茶目な面が少々、「鰭酒」の下りではアニメのコミカルな雰囲気が徐々に出現してます。

       それから、ひまわりちゃんの意味深な言動も徐々に出てきてます。それくらい。エンディングで、百目鬼が「嫌なことが続く」「偶然なんてあるのか」の後に、ひまわりちゃん登場。わかりやすい展開。

       あとは、
       実写とアニメの5つの願いの違い。
       
      (アニメ)試しに雨降らせて→プールの水が雨として降ってくる
      (実写)マラソン休みたい→田んぼの水が雨として降ってくる

       
      (アニメ)八咫の鏡→侑子の知り合いの店から盗まれる
      (実写)ロレックス→ほかの教授から盗まれる

       
      (アニメ)論文がうまくかけない→論文の盗作
      (実写)赴任任期が伸びればいい→前任の教授が死亡

       
      (アニメ)事故が起きれば遅刻の言い訳ができる→肩がぶつかった女性が線路に転落して轢死
      (実写)しつこい警官に「死ねよ」と吐き捨てる→警官が階段から落ちて死亡

       
      (アニメ)私の前からみんな消して!→猿の手に絞殺される
      (実写)全部なし。全部なくせ!→猿の手がのりうつった自分の手に首を絞められる

       そういうわけで、実写版のほうの教師はより俗物的で愚かな人間な感じ。自分の研究に貪欲な女教師もジワジワ来ましたが、直観的に「嗚呼、かわいそうな奴…」と思えるキャラでした。そして気になるのは、彼の赤い靴です。目立つ靴→見た目を気にする安い人間、という意味ですかね。



       後書くことといえば、百目鬼役の東出昌大君が、松潤に似てると思ったんですが、(松潤より整った顔してるか?)津田を殴った後にピクッと動いた口元と、声の調子が。

       次回は「百物語」だそうですが、ついにホラー要素がいらっしゃる感じですね。マジやめてほしい←(怪しいとか、シリアスなのはいいが、ホラーは苦手)



      キーワード:xxxHOLiC/ホリック/実写/杏/染谷将太/東出昌大/宮崎香蓮/木村了/猿の手






      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.29 Sunday
        • -
        • 23:34
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントありがとうございます。
        検索ワードにあったので、私も気になったのですが、はっきり紹介されているページないですね…
        ですが、クレジットの衣装協力のとこを見ると
        etro,MIHARAYASUHIRO,VICTIM...のどれか、ということでしょうか。もうちょっと探してみます;;

        これでもかってくらいに赤い靴が映ってましたよね^^
        もしわかったらご報告ください^^(え)
        • 96989.
        • 2013/03/11 12:48 AM
        木村了さんが着用したあの赤い靴はどのブランドのものか知りたいです、ご存じですか?
        • akira
        • 2013/03/10 9:08 PM
        コメントする