スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    実写ホリック 第4話「エンジェルさん」

    0
      JUGEMテーマ:自分の好きな俳優




      XXXHOLiC実写ドラマ 第4話「エンジェルさん」


      俳優(役名)
      杏(壱原侑子)
      染谷将太(四月一日君尋)
      東出昌大(百目鬼静)
      宮崎香蓮(九軒ひまわり)
      川島鈴遥(マル)
      畠山紬(モロ)

      中村ゆりか(千景)
      夏緒(セリカ)
      滝澤史(コトネ)

      森川葵(雨童子)

      実写ホリック 俳優の出演作品はこちら




       百目鬼のキャラが徐々に緩くなってきました。というか、人間らしい感じに。ただ、「お前が心配で戻ってきたんじゃねぇからな」はびっくり。それって、四月一日のポジションじゃ…笑

       エンジェルさんの回は、四月一日の面白い耳がネタでしたが、初回から侑子さんが使っている水盆のおかげでそれが無い。ちゃんと辻褄が合ってるんですね。

       エンジェルさんの依頼を肩代わりすることに対して、難色を示す実写版と、四月一日が言う前から勝手に引き受けて借金に上乗せしたアニメ版。この辺も後半の流れに何か関係ありそう。

       日常が面白くないとかいう理由で引き籠る現代っ子の画。千景って。エンジェルさんのせいで引き籠ったけど、”何か悪いことが起こったら面白い”と思ったせいでエンジェルさんを呼び出した経緯的に。最近の自傷女子は本当にシャーペン使ったり、シャー針で墨入れるみたいに傷つけたりするみたいですよ。

       さて、百目鬼のキャラが徐々に緩くなってきたというのは、夜間の校舎で四月一日に声をかけるくだり。前回の、百物語の一言落ちで四月一日をからかうテンション宜しく、鉄面皮だが三白眼ではない。四月一日をおちょくって、そのうえ楽しんでいるのが表面化してる。そんな感じ。
       そして、アヤカシを祓う弓を習得したという感じ。弓を持たなくても、バングルのおかげで無から弓を矢を出現させられるようになってました。



       ここで書くのは、アニメと実写の違いと、あらすじ、というところ。あらすじは↑こんなかんじでいいかと。ということで、違い。この回は大きく2つ。百目鬼のバングル、学校を守るアヤカシ的なものがいないこと。

       バングルはもう書いたので略。
       学校を守る大蛇のアヤカシがいない。あれを映像化したら特撮っぽくなるんだとしても、それ以外の何かで作らなかったってことは、やっぱり実写ストーリー?

       予告を見ると、侑子さんがもういなくなるっていう流れになってますね。もしかして、「籠」まで入るんですかね。だとしても、五月七日小羽の下りがまだなのでまだ終われないw



      キーワード:xxxHOLiC/ホリック/実写/杏/染谷将太/東出昌大/宮崎香蓮/中村ゆりか/森川葵/エンジェルさん





      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.29 Sunday
        • -
        • 00:10
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする