スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ラスト・アサシン

    0
      Requiem pour une tueuse(2011年)監督:ジェローム・ル・グリ

      Requiem pour une tueuse(仏)



      俳優(役名)
      メラニー・ロラン(リュクレス)

       暗殺者リュクレスは、スコットランド人のバリトン歌手、アレキサンダー・チャイルド暗殺の依頼を引き受ける。それは、最後の仕事であり、終われば一人娘との平穏な暮らしが待っている。
       彼女は、チャイルドと同様に歌手として音楽祭に向かい、声の調子が悪いと偽りながら練習に参加する。
       しかし、その頃、彼女が依頼を受けた組織に警察の捜査が及ぶ。




      関連作品
      ■メラニー・ロラン
      イングロリアス・バスターズ(復讐を企てるユダヤの女性)
      オーケストラ!(ヴァイオリン奏者)
      人生はビギナーズ(アナ:フランス人女優でオリバーの恋人)




      (???/300)

       本当に歌ってるの???え?違うの?というのがまず気になります。いろいろググってみましたが、歌ってるというのが多数でしたので、歌ってるみたいです。映画の中の話ですが、生意気なソプラノ歌手が嫉妬するほどイイ声ですw

       感動が薄く聞こえるかもしれませんが、声とか、口の動きとかが、歌ってるように見えなかったので、半信半疑です;;フランス語のWikiにも歌の云々は書いていなかったので、よくわかりません。

       しかし、色々な記事で、メラニー・ロランのための映画と言われているので、多分彼女の特技を全面に押し出したものだと思うので、歌っているという結論で^^私的にも歌っていてほしいのでw



       「ニキータ」に似ていると書かれていますが、リュック・ベッソンの好みの女優ってスタイル抜群ですが、顔は美人じゃない(笑)ので、「ソルト」の方が似ているように思います。
       あわわ;;女優の問題だけじゃないですよwストーリー的にも、ころころ変わる展開とか、ヒロインの背景的にも「ソルト」かな・・・と。
       というか、ソルトもニキータもわかりやすいハッピーエンドじゃないので、どっちも違いますよねw(ネタばれしてすみません←)

       とりあえず、アクションより、ミステリー・サスペンスに比重あります。



       あと、ラストシーンのメラニー・ロランのショートヘアには惚れます。ご注意をw



      [どうでもいい話]
       日本語も英語もwikiがないので、フランス語を翻訳機能付かって覗いてみたわけですが、FFシリーズ(特に北欧神話多用してるストーリーのもの)の名前が多発していて吹きました。

       リュクレスも、役仕方によっては、ルクレツィアですし。

      終わります。

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.29 Sunday
        • -
        • 13:02
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする