スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ビューティフル・マインド

    0
      A Beautiful Mind (2001年) 監督:ロン・ハワード 
      ラッセル・クロウ(ジョン)
      ジェニファー・コネリー(アリシア)
      ポール・ベタニー(チャールズ)
      ヴィヴィアン・カーダン(マーシー)
      クリストファー・プラマー(ローゼン医師)
      エド・ハリス(パーチャー)

      脚本:アキヴァ・ゴールズマン

       寡黙な数学の天才ジョン・ナッシュは、プリンストン大学で、自分が志望するマサチューセッツの研究所を同じく狙うマーティン・ハンセンとその友人たちや、ルームメイトのチャールズ・ハーマンと出会う。
       ジョンは自己流の大学生活を送り、自らの理論を構想していく。ある日そこへ、パーチャーを名乗る男が現れ、極秘任務の依頼を受けることになる。  ゲーム理論でノーベル賞を受賞したジョン・ナッシュが、生涯悩まされた問題を描いた物語。



      関連作品

      ■クリストファー・プラマー:
      人生はビギナーズ(主人公の父親ハル)
      ドラゴン・タトゥーの女(ヘンリック・ハリエットの伯叔父)
      Dr.パルナサスの鏡(パルナサス博士)

      ■ポールベタニー:
      ダ・ヴィンチ・コード(謎の修道士)
      ギャングスター・ナンバー1(若きギャングスター)
      ヴィクトリア女王(メルバーン子爵)

      ■ジェニファー・コネリー:
      レクイエム・フォー・ドリーム(主人公の彼女マリオン)
      そんな彼なら捨てちゃえば?(ジャニーン)

      ■アキヴァ・ゴールズマン:
      依頼人、コンスタンティン(製作)



      ( 57 / 300 )
       微妙なネタバレですが、ノーベル賞受賞の知らせの後に、ペンを渡されるシーンで、もう死にたくなるくらいに感動しました。彼の幻覚は、人が考えないようにしている、欲求とかそういうのを連想するものなのかと。 
       こないだ、「インクハート」がBSで放送されていて(あと、「ハングオーバー2」と一緒に借りてきた「プリ−スト」の影響も勿論)、ポール・ベタニーを思い出したので、一通り見てみようと思い、まずはこれから見てみました。あと、この記事を書きながら「ギャングスター・ナンバー1」見てます。 

       本当大好きですポール・ベタニー。ギャングスターのブチ切れキャラとかもツボです。「英国王のスピーチ」を断っていたとか、本当に残念でなりません。ジェニファー・コネリーが妻だそうですが、子どものために英国王を断ったということも、何とも画になりますね…なんて小話いりませんよねw 

       そういえば、「ヴィクトリア女王」も見ました。ポール・ベタニーの次は、エミリー・ブラント出演のを探していこうかと思いましたが、既に一度挑戦していたんですよ…。あまりなかったのをド忘れしていました。「ウォリアー・クイーン」が見つかれば見てみたいんですが。



       (予定) 「ドッグ・ヴィル」 「仮面の真実」 「リリィ、はちみつ色の秘密」 「マージン・コール」 「ファイヤー・ウォール」




      << | 2/2PAGES |